沖メバルの生態
カサゴ目 Scorpaeniformes
フサカサゴ科 Scorpaenidae
メバル属 Sebastes
学名 ウスメバル 
Sebastes thompsoni
 (Jordan and Hubbs,1925 )
トゴットメバル
Sebastes joyneri   Gunther,1876
ウケグチメバル
Sebastes scythropus
 (Jordan and
      Snyder,1900 )
 

ここで言う沖メバルとは、ウスメバル、トゴットメバル、ウケクチメバルの3種の総称です。

ウスメバルは、3種の中で一番大きくなり、40cm以上になります。

大型のよく釣れる水深は150m前後。 味もよく 煮付け、塩焼き、寿司 など
人気のある魚の一つです。

トゴットメバルは、 ウスメバルと 大変よく似ています。
ウスメバルの模様が やや薄くぼやけているのに対し、トゴットメバルの模様はハッキリと
しています。 また 大きさは 25cm前後と ウスメバルより ずっと小型です。

地域によっては トゴットメバル と ウスメバルが 区別無く 取引されているところも
あるようですが、 味においてはウスメバルのほうが上です。

ウケクチメバル は 3種の中では 釣としての人気は今ひとつです。
30cm前後にまで成長し 塩焼きなど 結構 美味しい魚で、幼魚のうちは 浅場で
釣れることがあります。 成長とともに深場へ移動するらしく、 成魚は 中深海釣り・深海釣り
のお客さんとして、見かけられます。市場などに 出回るウケクチメバルは、主に 底引き網
で 取れたものですが 数は少ないです。

沖釣りとして狙うのは、生息域(水深)や 釣れる数の違いから、 比較的浅場で 数がまとまる
ウスメバル と トゴットメバルが 中心となってしまいます。

甲殻類、小魚 を捕食しおり、 釣りの餌としては 定番のサバ・イカの短冊 の他 ホタルイカ などです。
 

Copyright(c) 2009 沖メバル釣りのホームページ All rights reserved.