遊漁船には 右舷を使う船 左舷を使う船 両舷を使う船  があるので 初めて   の場合は 船長の指示に従ってください。 →図は セッティングの一例になりますが、仕掛けに餌が付いていることとします。
ようするに 投入できる体勢です。 現場へ到着したら、この体勢で 投入の合図を  待てるようにします。
忘れやすいのが 尻手です。 必ず リールまたはロッドから1本 と ロッドキーパーから1本の 2本を付けましょう。
また 手の届くところに ハサミ・ペンチ・予備の仕掛け・オモリ などを置いておくと都合が良いです。身の回りのスペースを 旨く使ってください。 





沖メバル釣りの餌には、イカ・サバ・秋刀魚・カツオのハラモ・シャケの皮・アナゴの皮 などの短冊 が使われます。 大きさは、 ちょうど <タバコ の ショート> くらいが適当ですが、 沖メバルの大きさ や 喰い方で 幅や長さを加減します。  針数が少ないので ポイントに到着してから 餌をつけても十分間に合います。 餌の端にチョンガケしてください。





まず リールの電源の確認をしてください。 電源が入っていなければ 電源を入れてください。 船べり設定 ゼロ設定 も お忘れなく! 掛け枠 あるいは船べりを利用しての 投入になります。  餌の付いた針を 順に並べます。 仕掛けの絡みが無いか 確認しておいてください。 オモリをもって 船長の合図で 自分の前方へ 軽く投げ入れます。 仕掛けが 絡んでいると 喰ってこないので きれいに仕掛けが入るよう 仕掛けをセットしましょう。





投入後 着底を待ちます。 スプールが止まって 道糸がフケたら 着底です。 クラッチを入れて リールを巻いて 道糸のフケをとって アタリを待ちます。 適当な間隔で 底の取り直しをするなどして、 水深の変化に 合わせて 仕掛けを上げ下げします。 基本的には 「トントン釣り」 です。
棚の取り直しは、 起伏の変化 潮流に  よって その頻度は まちまち です。 状況に応じて あわせてください。アタリは 明確に 「グングングン」 と 出る場合が多いですが、沖メバルの活性度 や 2枚潮などによる 糸フケ の具合などで 違います。 はやく その日の パターンを 把握してください。
沖メバルが一尾ついたら 少しそのままで あるいは糸を出して オモリを着底させて 様子を見てください。 追い食いを狙います。 
ある程度 追い喰いを狙って待ちますが、 あまり時間を 掛けすぎても かえって効率が悪くなります。 適当な時間で 巻きあげましょう。 沖メバルの活性が良い時は、 追い喰も活発です。 





いよいよ 取り込みです。 抜き上げでかまいません。 よほどの大型以外は タモ入れは 必要ないでしょう。

リールが止まったら 仕掛けを手繰ります。 上から 順次 上げていくことになります。 空針は ハリ掛け に 順番に
かけていきます。

メバルがついている場合は メバルをはずして 針を掛けます。  お祭り状態で あがってきた場合  とにかく魚を先に取り込んでしまいましょう。

仕掛けが 解けるようであれば、解きながら上げればよいですが、 ひどい場合は手繰りこんで 新たな仕掛けにしたほうが
時間の節約になります。





さて 丸々太った 旨そうな沖メバルが 釣れました。  魚の処理に入りたいのは
山々なのですが、 ここで すぐさま 次の投入をすることをお勧めします。 次の投入ができた場合、着低まで若干時間がありますから、 この時に魚の処理をします
タイミングで 潮のぼり(船が移動する) が近い時は 別です。移動が近い時は ゆっくり 魚を処理して、 次の投入準備をしてください。
船長に 投入してもいいか 確認してから 投入したほうが 余計な動きをしなくてすみます。



旨そうな沖メバルですが、 お刺身で食べるなら処理をして持ち帰りましょう。
お刺身など 生状態で食べる分については必ず 〆めて血抜きする ことをお勧めします。 
右のように 背中を自分に向ければ やりやすいです。エラ から ナイフを入れ 背骨を絶ち 尾びれの付け根にもナイフを入れます。 ドロッ とした 血が出れば 完璧です。
しばらく バケツなどに浮かべて 血を出してから 氷と海水を入れたクーラーに収めます。  後は どうやって食べるか 考えてください!!!



 

  
mail
前に戻る
Copyright(c) 2009  沖メバル釣りのホームページ All rights reserved.